脂肪溶解注射で美痩せ|ビビット来るしびれるくびれ美人

お腹をつまむ様子

施術時間が大きく変わる

太ももに円状のライン

一般的に、メスを使用した脂肪吸引の施術にかかる時間は様々な部位を全て合わせた平均が30分から120分とされています。
施術後の入院などは必要ありませんが、近年では施術後少し休んでから自宅に変える方が増加しています。
一方、同じ脂肪吸引として分類される脂肪溶解注射の場合は施術にかかる時間はわずかに5分から10分とされています。
注射を行なうだけの施術なのですぐに施術が完了するのです。
メスを使用する場合は、皮膚を一部切り、脂肪を吸引する管を入れるので施術を受ける方が痛みを感じないように麻酔をかけます。
麻酔の効果のお陰で施術中は痛みを感じることはありませんが、施術後に麻酔が切れてしまった場合は切った部分に痛みが現れてしまうこともあるので注意しましょう。
しかし、脂肪溶解注射の場合はすぐに針も細くて痛みなどはほとんどないので安心して施術を受けることができます。
また、メスを使用する施術を受ける際には医師の腕がもっとも重要で、施術の際に理想的なボディにするためには医師の施術の腕も大きく関わって来るのですが、脂肪溶解注射の場合は注射ということもあり、医師の腕はほとんど関係なく施術を受けることが出来るのです。
時間も5分から10分という短い時間で済ませられるので、仕事帰りや出かけるついでにササッと済ませることが出来るようになっているので多くの方が利用しています。
簡単に利用することが出来ることから、学生やOLの間でも話題となっていて、数多くのクリニックで積極的に利用されているので、興味がある場合は自宅から近いクリニックに問い合わせてみると良いでしょう。
さらに、実際にクリニックを訪れてか専門の医師に話を聞いてみるのも良いので、無料のカウンセリング予約をして直接話を聞いてみるということも大切です。